歯周病

歯周病

歯周病の管理は歯科衛生士の仕事です

歯周病の管理は歯科衛生士の仕事です

歯科衛生士より

歯科衛生士より

Pagetop

歯周病とは?

歯周病ってなんだろう?

歯周病は、文字の通り”歯の周りの病気”。
つまり、歯ぐきや、その中の歯を支えている骨が、病気にかかってしまうことです。
歯周病を発症させる細菌が、歯ぐきに感染し、さらに進行させると、骨まで及び、最終的には骨が歯を支えられなくなってしまいます。

歯周病のはじまりと進行・対策

歯周病はどのように発病し、歯を失うまで到るのでしょうか。 また、失わないようにするには、どうすればいいのでしょう。 歯周病を治すチャンスは沢山あります。

1健康な状態に細菌が繁殖します。

  • 食べ物や歯ぐきから出る液を栄養源に細菌が繁殖します。細菌はプラーク(塊)となり、互いに繁殖しやすい環境をつくります。
  • プラークは日々の歯みがきでとれます。正しいブラッシング法ですみずみまでプラークを取り去りましょう!

2歯肉炎・炎症のはじまりです。

  • プラークが取り去られないままでいると、歯石となり、その上にさらに細菌が集まり、歯ぐきに炎症が起きる。歯みがきで出血することがあります。口臭が気になることも。
  • まだまだ歯磨きで十分阻止できます。歯医者では正しいブラッシング法を身につけ、または歯石を取っていきましょう。

3歯周病・いよいよ歯を支える骨まで影響します。

  • 細菌は空気が嫌いなので、ぐんぐん下へ下へ入っていきます。これによって、歯を支える骨まで進行していきます。なんと自覚症状は歯肉炎とほぼ違いありません。
  • 歯医者で本格的な治療スタートです!専用器具で歯ぐきの中の菌を取り除きましょう。ここでの管理が歯の寿命を大きく延ばします。

4重度歯肉炎・骨への影響により、歯の寿命が危ぶまれます。

  • 歯を支える骨が少なくなると、歯ぐきも下がり、歯がグラグラしてくるかもしれません。歯ぐきが下がることで歯が伸びたように感じる方もみえます。
  • ここでの治療で歯の寿命が左右されます。菌を取り除き、歯ぐきをひきしめ、咬み合わせの調整をしましょう。また、必要によっては外科手術があります。

セルフチェック

早期発見! 早期治療!

あなたの歯ぐきは健康?歯肉炎?または歯周病!?
簡単に出来るセルフチェックをご用意しました。是非あてはまるものにチェックを。

  • 歯みがきをすると歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが赤く、腫れている感じがする。
  • 口臭が気になってきた。
  • 歯がしみる。
  • 歯がのびて、長くなってきた様な気がする。
  • 最近すきっ歯になってきた。
  • 歯がグラグラと動く。

結果を見る

Pagetop

定期検診について

歯科衛生士 若松宏佳

検診が大切なワケ。

歯周病は歯を失う原因の第1位といわれていますが、発症してから歯を失うまでは長い時間がかかります。それなのにどうして第1位なのでしょうか。発症していても気づかずに経過してしまうことが多いからです。また、一度治療しても、再発する場合が多いことも要因の1つです。普段からの検査で、ご自分の歯ぐきを知ることが、歯の延命の第一歩ですよ。

検診についてのお問い合わせ

たなか歯科クリニック

たなか歯科クリニック

歯周病

診療時間

午前/9:00〜13:00
午後/( 月・金 ) 14:30〜19:30
   (火・水・土) 14:30〜18:30
休診/木・日・祝日
診療科目/一般歯科・小児歯科
矯正歯科・口腔外科

地図

〒498-0032
愛知県弥富市平島中4-108
TEL: 0567-55-8814
FAX: 0567-55-8817

各種クレジットカードをご利用いただけます。

採用情報

ドクターズ・ファイルに当院のドクターが紹介されました。

たなか歯科クリニックスタッフ

  • 田中陽平
  • 田中宏佳
  • 川合輝美
  • 鬼頭典裕
  • 中野映子
  • 松山紗有里
  • 高須寛貴
  • 大島万里子
  • 岡本 美季
  • 田中龍也
  • 水谷舞
  • 森 あかり
  • 廣田 名保

スタッフ一覧